★ 新型コロナウイルス関連の記事一覧よ ★

新井リオの年齢や大学は?著書『英語日記BOY』がすごい!

新井リオ
トレンディア
Hello!トレンディアよ。ブログを読んでくれてありがとう💕

イラストレーターの新井リオさんがすごいわ!

19歳から独学で英語とグラフィックデザインを学んでいたの。

未だに英語が喋れる事に感動し、イラストレーターとしても独立している新井リオさん。

まさに努力の賜物よね。

それをちっとも鼻にかけない彼がどんな人か調べてみたわ\\٩( ‘ω’ )و //

スポンサーリンク

新井リオの年齢は?


※左側が新井リオさん。

新井リオさんには日本のグラフィックデザイナー。

1994年生まれの26歳。

彼は高校の頃、「このままじゃだめかもしれない」と本気で思ったそうなの。

と言うのも、高1の終わり頃には父親が経営する会社が倒産。

「このまま目の前の環境を受け入れて悲観しているだけでは、何も変わらないのではないか」と強く思ったそうなの。

「人生がこのまま終わるのが嫌だった。『頑張る』をしようと決心した。」

それから彼は、まずソロで音楽活動を開始。

ドラムもベースもなしで練習し、休みの日は1日8時間くらいギターを弾いたの。

高1の終わり頃、初めてライブハウスに出たわ!

高2の夏には、バンド「PENs+(ペンズ)」を結成。

高3で10代バンドの憧れの舞台「閃光ライオット」に出場。日比谷野外音楽堂で3000人以上の前で演奏をしたわ。

そんなにがんばった彼は、今や人気イラストレーターとしても活躍中!

人気YouTuberフワちゃんからもポスター制作の依頼もあったわ。

オンラインイベントに出演すれば1000人以上が集まるの!

英語がペラペラになる奇跡のメソッドが書かれた『英語日記BOY』はベストセラーに!

詳しくは後術しているわ!

新井リオさんのイラスト

新井リオさんさんはこのようなイラストを描くわ。

色使いがキレイで、グラフィカルなイラストね。素敵・・・💕

おそらくグラフィックのことい疎い、サンドイッチ屋のご主人が感動したのもわかるわ。

「何に出しても賞取れる」なんで、デザイナーからしたらとっても嬉しい褒め言葉よね✨

新井リオの大学は?

立教大学の社会学部メディア社会学科を卒業しているわ。

学校見学で見たあまりに美しいレンガの校舎に一目惚れし、第一志望となったの。

見て!これが立教大学のレンガよ。

歴史を感じさせる、見事なレンガに絡まった蔦・・・ホントにキレイね✨

でも新井リオさん当時の英語偏差値は38。

・・・正直、厳しいところだわ。

でも!

「昔の自分なら確実に諦めていたが、だれよりも頑張ることでバンドの夢を叶えた自分は、受験も、だれよりも勉強すればいいのではないか?と本気で思った。」のよ・・・。

それから彼は毎朝5時に起き、家で英文の音読をしてから自転車でスタバに向かったの

家と高校の中間地点に、朝6時からオープンしているスタバがあったので同時入店し、カフェラテとウインナーデニッシュを食べながら午前10時まで英語を猛勉強。その後学校に行くという生活を続け見事立教大学に合格!無事卒業しているわ。

スポンサーリンク

新井リオの著書『英語日記BOY』がすごい!

この本は、新井リオさんが留学や海外生活に憧れを抱き始めた大学1年生の頃に、「あるきっかけ」により、独学による猛勉強をスタートしましたことがきっかけでできた本なの。

内容はこちら。

「英語 独学」Google検索第1位!
累計300万PV!SNS世代の新星が書いた英語学習ブログ待望の書籍化!

お金を掛けずに身近なツールで英語は身につく。英語日記をフル活用した英語学習法を大公開。大学在学中に独自のメソッドで英語を学び、カナダでフリーランスデザイナーになった新井リオが「自分に必要な英語から」効率よく学ぶ方法を伝授。また、学んだ英語を「どう使うか」「海外でどう働きはじめるか」の「使いかた」についても言及。英語の学び方と使いかたの等身大の学びが詰まった1冊。

引用:Amazon

結論からいうと、これで新井リオは英語は独学で話せるようになったわ❗️

英語は誰かから教わるから話せるようになるのではなく「自分が勉強するから」話せるようになるの。

新井リオさんオリジナルの勉強方法はこちら。

《僕のオリジナル英語勉強法》

  • 1. 英語日記
  • 2. LINEフレーズストック
  • 3. オンライン英会話
  • 4. ひとりごと
trendya(トレンディア)
LINEを取り入れてるわ!現代っ子の勉強方法って感じがする。

パソコンとスマホを使って、基本的にはインターネットにあるものだけで英語を勉強し、日本にいながら独学で英語を習得!

現在はカナダでグラフィックデザイナーとして仕事をしているの。

新井リオさんは、頑張ることで自分の夢をかなえ続けているわ!

バンドや立教大学合額、英語よ。

この本は、そんな新井リオさんのノウハウを詰め込んだ本よ。

完成間近だけれども、納得できるものに仕上げるために著者の英語学習の原点であるカナダへ行き、一から書き直したほどの熱量。

「今をがんばっている」人にもそっと寄りかかってくれるような本よ。

英語の勉強もだけど、彼のタフなメンタルや豊かな想像力を知るにもおすすめのの一冊となっているわ。

trendya(トレンディア)
彼に負けないぐらい、私も頑張る❗️ここまで読んでくれてありがとう✨
スポンサーリンク

ようこそ時事トレンディへ☆

error: Content is protected !!