義母と娘のブルースの竹野内豊の病気は?恋愛抜きでなぜ結婚、再婚理由は?

trendya(トレンディア)
ハロー!trendya(トレンディア)よ。ブログを読んでくれてありがとう!

義母と娘のブルースの第2話が放送されましたね!

しかし、最後の方でみゆきの父、宮本良一(竹野内豊)が倒れてしまいます。

なんと、宮本良一は病気で、余命幾ばくもないためです。

宮本良一の病気はなんでしょうか?

なぜ病気の状態で、綾瀬はるかさん演じる岩城亜希子と再婚したのでしょうか?

二人の事情が気になります!調べて見ました\\٩( ‘ω’ )و //

※※ 本記事は原作のネタバレを含みます ※※

ドラマのストーリーが気になる方はご注意ください!

SPONSORED LINK

竹野内豊(宮本良一)の病気はなに?

ある日、道端で宮本良一は発作を起こし、苦しんでいたところを岩木亜希子が偶然通りかかります。

岩木亜希子が救急車を呼ぼうか提案したところ、宮本良一は発作は収まったので大丈夫と言うものの、

「幼い娘をひとり置いて死ななければいけないので・・・どうすればいいかと・・・」

ここで宮本良一は病気で余命もないことが判明しますが・・・

原作でも、宮本良一の病名は明らかにされていません。

例えば、癌だとか心臓病など具体的な設定はありませんでした。

ドラマのオリジナルストーリーでもしかしたら判明するかもしれませんね。

個人的な予想ですが、宮本良一は道端で発作を起こしているところを見ると心臓病なんじゃないかと予想します。

仮にガンなら、化学治療で頭髪が抜けたり痩せたりしますが、宮本良一は最後まで見た目が変わることはありませんでした。

SPONSORED LINK

なぜ恋愛抜きで結婚を?

再婚理由は?

岩木亜希子は凄腕キャリアウーマン、かつ宮本良一は冴えない平社員。

一見釣り合わなさそうな二人はなぜ結婚できたのでしょうか?

ズバリ、利害関係の一致です。

余命わずかの宮本良一は、ひとりになってしまう娘みゆき託せる相手が必要。

岩木亜希子は、孤独から家族が欲しかったため。

取引に近い状態で仮面夫婦として、結婚します。

キャリアウーマンの岩木亜希子らしい合理的な判断ですが・・・。

最期には恋愛に発展

結婚式はおろか、結婚指輪さえ送っていない二人です。

原作では、死を間近にした宮本良一は、岩木亜希子をいつしか恋心を抱くようになり最終的に「愛しています」と宣言します。

岩木亜希子は、正直で誰にも分けへだてなかった宮本良一をずっと好きだったことを認め、二人はやっと恋愛関係になります。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます!

竹野内豊(宮本良一)の病気まとめ

  • 宮本良一は病気で余命幾ばくもない
  • 病名は原作にも明らかにされていない
  • 宮本良一は娘を託せる相手を、岩木亜希子は孤独から家族が欲しいことから、利害関係の一致で結婚
  • 結婚式も指輪もない
  • 最期には、お互い愛しあっていることを認め、恋愛関係に
宮本良一はその優しさから、娘みゆきには病気のことを黙っています。
ドラマではどのような演出になるか楽しみです!

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトの管理人、trendya(トレンディア)よ。 世の中のエモい出来事や世界に自慢できる芸能人、キャッチーなニュースなどの時事ネタをどんどんお知らせしていくわ。 これからもお楽しみにね。 また来てくださるとうれしいわ!