★ 新型コロナウイルス関連の記事一覧よ ★

手先が器用になるには何をするべき?

手先が器用になるには何をするべき?

 

手先が器用な人を見るとつい「うらやましい!」や「きっと生まれつきの才能だろうな。」と考えてしまいますよね。そんな手先が器用な人になるにはどんなことをする必要があるのか、追及してみましょう。

 

手先が器用な人とは?

手先が器用とは手際が良い、手先の動きがスムーズという意味で使われます。それだけでなく、集中力があり、効率的に作業をこなすため、作業速度が速いことなどの意味も含まれて使われる言葉です。

 

どうやって手先が器用な人になる?

  1. 利き手以外も使えるようにする

箸を使う際やペンを持つ手、ドリンクの蓋を開ける際など、あらゆるタイミングで利き手ではない方の手も使う様にしてみましょう。片手で作業するよりも両手で作業出来た方が何かにつけて作業効率が上がり、便利ですよね。

 

  1. 小さいころからの経験

赤ちゃんの頃から、しっかりと手先の運動を行うことによって、土台を作ることが大切だと言われています。ピアノやパソコンのタイピングはもちろんのこと、レゴなどの遊びでも訓練することが可能です。

近年、AI技術を含むテクノロジーの発展により、エンジニアリングやプログラミングの大切さが更に顕著になってきて、日本国内では「ラズパイ」という名でいまや電子工作の代表例とも言えるRaspberry Piに合わせて、トランジスタ、アンプ、ロジックICなどさまざまな電子部品を使い、小学生から電子工作に挑戦している子供も少なくありません。電子工作は手先を鍛える良いトレーニングになります。

 

  1. 手先を使う趣味をつくる

ハンドメイド、DIY、ミシン、楽器、編み物、ゲーム、折り紙など手先を使う趣味をつくり、手指の筋力、手の柔軟性を鍛えましょう。慣れてくると自分の頭で出す指示通りに指が動いてくれるようになってきます。

 

手先が器用なことは、あらゆる職業で役に立ちます。パティシエ、ネイリスト、プロゲーマー、エンジニア、美容師などそれを強みにできるような職業に就けるチャンスが上がる可能性もあるので、自分の手先をうまくコントロールできるようになる訓練はしておいて損はなさそうです。

スポンサーリンク

国内ニュースなら『スマートニュース』



スマートニュースなら、政治・経済・時事などのニュースを横断的に読むことができます!

アプリをインストールして、興味のあるチャンネルをタップするだけです!

これで最高のニュース横断体験が始められます!
もちろんスマートニュース自体は無料!おすすめです!