陸上の山縣選手は2位のオグノテと同タイムなのにどうして3位?

trendya(トレンディア)
ハロー!trendya(トレンディア)よ。ブログを読んでくれてありがとう!

アジア大会、陸上男子100mで山縣亮太選手が3位!銅メダルを獲得しました🥉

タイムは10秒00と9秒台は出なかったものの、あと一歩でした。きっと近い日に山縣亮太選手の9秒台が見れることでしょう😭

1位は中国の蘇炳添(そ へいてん)選手で、タイムは9秒92のアジア大会新記録を樹立。

2位はカタールのオグノテ選手で、タイムは10秒00です。

そう、オグノテ選手と山縣亮太選手は同じタイムですが、2位と3位になってしまったのです!

同タイムなら2人とも銀メダルではないでしょうか( *`ω´)!?

ちょっと納得いかなかったので調べてみました!!\\٩( ‘ω’ )و //

SPONSORED LINK

山縣選手はどうして3位?

カタールのオグノテ選手も山縣選手も同タイム10秒00です。

なぜ2位と3位になってしまったのでしょうか?2人とも2位でいいじゃないか😤!!

陸上のトラック種目は、1000分の1秒まで測った後に、100分の1秒単位に切り上げて記録します。

そのため、オグノテ選手が9秒997で、山縣選手が9秒999だったら、2人とも10秒00で着差ありとなります。

(上記は例えばの話です。100分の1秒単位のタイムは公表されていません。)

仮に2人のタイムが1000分の1秒まで一致したら、着差なしとして2人が2位で銀メダル、4番目に入った選手が4位になります。

これが陸上のルールとなります(´・ω・`)う〜ん残念。

山縣選手の100分の1秒単位のタイムは?

今朝、100分の1秒単位のタイムが発表となりました!

山縣選手は9秒997。オグノデ選手は9秒995でした。

100分の002秒差!?(OvO)

やっぱり陸上の世界ってシビア〜!。・゜・(ノД`)・゜・。

SPONSORED LINK

400mリレーに期待!

山縣選手は、8月29日(予選)と30日(決勝)の400mリレーに出場します。

メンバーは、山縣亮太選手、多田修平選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手の日本最強布陣となっております!

桐生祥秀選手は日本人で初めて9秒98を記録した選手です。

しかもこのメンバーは(多田修平選手以外)2016年のリオオリンピックでは400mリレーで銀メダルを獲得しているメンバーです!

いける・・・!金メダル🏅( ̄∇ ̄)✨

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます!

山縣選手の同タイムまとめ

  • 2位のオグノテ選手と3位の山縣選手は同タイム10秒00。
  • 陸上のトラック種目は、1000分の1秒まで測った後に、100分の1秒単位に切り上げて記録する。100分の1秒単位で着差ありとなった。
  • 8月29日、30日の400mリレーに期待!
  • メンバーは山縣亮太選手、多田修平選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手!
SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトの管理人、trendya(トレンディア)よ。 世の中のエモい出来事や世界に自慢できる芸能人、キャッチーなニュースなどの時事ネタをどんどんお知らせしていくわ。 これからもお楽しみにね。 また来てくださるとうれしいわ!