甲子園初出場の白山女性部長の川本牧子のスイング注意は女性だから?

trendya(トレンディア)
ハロー!trendya(トレンディア)よ。ブログを読んでくれてありがとう!

今日のあれ?と思うニュース!

甲子園初出場!三重県白山高校の女性部長・川本牧子さんが打席に立って元気にスイング!

しかし、大会関係者に制止・怒られる場面がありました。

なんでダメなの!?女性差別( *`ω´)!?

気になりますよね!調べてみました\\٩( ‘ω’ )و //

スポンサーリンク

川本牧子さんの経歴

まず、川本牧子さんはどんな人なのでしょう?

川本牧子さんは、三重県立白山高の家庭科の先生です。現在40歳、若く見えますね!

父親は少年野球チームの監督でした。その影響で小学校3年生の頃から、野球少女だったそうです。中学でも野球やりたいけど、女子の募集はなくソフトボール部に入部。

高校も野球に関わりたいからマネジャー志望で野球部に行ったけど、女子マネジャーはとっていないと断られ、「男に生まれたかった」と悔しかったそうです。結局ソフトボール部に。

川本牧子さんは本当に野球がお好きなんですね!

女子大で教員の免許を取り、赴任先の学校で野球部顧問に。7年前白山高校に赴任してからも野球部顧問を続投!!

甲子園行けて嬉しかったんでしょうね( ̄∇ ̄)

ちなみに、3人のお子さんのお母さんでもあります。

スポンサーリンク

川本牧子さんのスイング注意は女性だから?

女性差別だと誤解されがちですが・・・。

川本牧子さんはかなり嬉しかったのでしょうね。

ナインや監督から招かれるようにグラウンドに入り、右打席で元気に1回スイングしちゃいました。

全員は大喜びだったけど、すぐに大会関係者に制止、注意を受けてしまいます。

ご本人はこう語っています↓

川本部長は「監督がぜひぜひ、という感じだったので…。でも、打席に立ってはいけないと注意されました」と肩をすくめた。そして「試合のための見学会なので、私が立ってはいけないところですよね」と反省し「かなり怒られましたよ」と肩を落とした。

では真相は?

日本高野連の竹中雅彦事務局長は「今回の見学会は、背番号をつけていない選手やそのほかの人はグラウンド内には入れない、という規則だったので。女性だからダメ、というわけではない」と説明していた。

なぜそんな規則があるのでしょう?

・・・というのが大人の意見ですね!

川本牧子さん嬉しかっただろうな〜。いい笑顔だし!

でも残念ですが、甲子園は球児たちのステージなんですね。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます!

川本牧子のスイングまとめ!

  • 川本牧子さんのスイングが注意されたのは女性差別ではない
  • 川本牧子さんは根っからの野球少女!
  • 学校では家庭科の先生
  • 40歳でお子さんが3人
  • 規則がないと、誰でもバット振り回せちゃうから
スポンサーリンク