【激レアさん】加藤ジェームズの経歴!マフィアの高校はどこ?

加藤ジェームズ
trendya(トレンディア)
ハロー!trendya(トレンディア)よ。ブログを読んでくれてありがとう!

2018年8月13日(月)に、日本の安全保障・プロパガンダ研究者の加藤ジェームズさんが登場!

加藤ジェームズさんは、「アメリカの高校に入学したら、生徒がガチのマフィアやギャングばっかりでとんでもない抗争に巻き込まれちゃった人」です。

よく死ななかったね加藤ジェームズさん( ゚д゚)!

どんな人か気になりますよね!調べてみました\\٩( ‘ω’ )و //

スポンサーリンク

加藤ジェームズさんの経歴

加藤ジェームズさんは、日本の安全保障・プロパガンダ研究者です。

1978年6月3日の40歳。東京都出身ですが、小学生の頃カリフォルニア州ロサンゼルスに移住しています。

そのままロサンゼルスのトーランス高校に入学するわけですが、激レアさんのエピソードにある通りマフィアギャングだらけでした(笑)

トーランス高校卒業後、日本に帰国。以下の大学を卒業しています。

加藤ジェームズの学歴

  • 横浜国立大学経営学部卒業
  • 東洋英和女学院大学大学院社会科学研究科修了
  • 東京大学大学院学際情報学府修了
  • 東京大学大学院学際情報学府博士課程進学

偏差値30しかなかったので、大学進学は諦めていたそうですが3つの大学を卒業・大学院まで進学しています。かなり勉強できるタイプですね。

ご本人のブログで、プロフィールにはこうありました。

偏差値30のロサンゼルスの不良が、東京大学大学院に進み安全保障を研究する社会学者に。

漢字は書けない、日本語もあやふや、勉強は嫌いで毎晩遊び歩く、そこからの転身に必要だったのは真面目な勉強でも、長時間の読書でも無く、まさに毎晩遊び歩いていたロサンゼルスでのギャングやマフィアの友人たちとの時間でした。

彼等との時間の中で、成功する人、失敗する人を見て来て、なりたくない自分にはならない、と決意し、落第しないだけの学習時間を取るようになります。また、ギャングの抗争などに関与していく中で、何が自分の安全を保障するのかを身をもって経験することで、自らの経験を踏まえて国家安全保障を身近に捉える事が出来、安全保障研究への道を開きました。

やっぱりとっても頭良さそう・・・(´・ω・`)

加藤ジェームズさんは現在どんな仕事を?

国際経営、広告論などをベースに、国際安全保障をメディアの観点から研究しています。

2003年には修士論文『米国の満州観』で東洋英和女学院大学長野賞を受賞、2006年には産経新聞社『わたしの正論』で第二回年間賞を受賞しています。

加藤ジェームズさんの本名や素顔は?

加藤ジェームズさんのプライヴェートは謎に包まれています。

本名は公表していないため不明でした。

しかしサングラス下の素顔を発見!

↓それがこちら!

加藤ジェームズの素顔

引用:株式会社パールハーバープロダクション

ファッションにギャング味を感じますね!

加藤ジェームズさんは結婚している?家族は?

こちらもご本人が公表していないため、不明となります。

スポンサーリンク

加藤ジェームズさんが入学したアメリカの高校はどこ?

アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるトーランス高校です。トーランス統一学区にある最も古い高校です。

トーランス高校はハリウッドに近いこともあり、映画やテレビの撮影場所として、たびたび利用されています。

あのビバリーヒルズ高校白書にも使われています( ̄∇ ̄)

トーランス市はロサンゼルス郡南部の商業の中心地で日本企業が多く、日系人も多いです。日系スーパーや日本食も沢山あるので日本人には住みやすそうです。

治安も比較的良くて、日本人向け幼稚園や小、中学校もあり、『ミニ日本人街』と呼べるようなエリアとなっています。

加藤ジェームズさんは本も出している

アマゾンの内容紹介はこちら↓

みなさんはある日突然、日本の諸島数が約4000から約7000に激増したことを知ってますか?
著者が教科書図書館に通って1970年発行から2007年発行分までの教科書を調べたところ、日本列島の諸島数だけでなく、仁徳天皇陵が別名になっていたり、有名人の肖像画が別人のものとなっていたり、調べれば調べるほど、私たちが学校で習った知識とは違う知識が次々に現在の教科書には現れました。
しかも、70年代から教科書の変遷を丁寧にたどっていくと、なぜ現在のような表記になっているのか、時代背景とともに変化する歴史の面白さが見えてきます。

さあ、あなたも現在と昔の教科書の違いを本書で発見し、きらりと光る珠玉の雑学を手に入れてみませんか?

加藤ジェームズさんの代表的な1冊になります。

レビューも星5個が8割と高評価でした!

タイトルでも「いつのまにか」と言うくらいだから、一般庶民には分からない間に
変更されてきたであろう教科書の内容を、一気に見られる面白い一冊でした。

個人としての感想は「面白い」でいいのだが、よくよく考えると
こんな大きな変更を「いつのまにか」行われてていいのかと考えたりもします。

そんな意味でも、時代によって変更されていた歴史的事実を見る上で有意義な本だったと思います。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます!

加藤ジェームズさんまとめ

  • 加藤ジェームズさんは、日本の安全保障・プロパガンダ研究者
  • 東京出身、ロサンゼルス育ちの40歳
  • プライヴェートは謎に包まれており、結婚や家族は公表していない
  • 加藤ジェームズさんが入学したのはアメリカのトーランス高校
  • 本業で本も出している
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトの管理人、trendya(トレンディア)よ。 世の中のエモい出来事や世界に自慢できる芸能人、キャッチーなニュースなどの時事ネタをどんどんお知らせしていくわ。 これからもお楽しみにね。 また来てくださるとうれしいわ!