【激レアさん】鈴木裕之のwiki経歴や年齢・子供は?妻はニャマ・カンテ

trendya(トレンディア)
ハロー!trendya(トレンディア)よ。ブログを読んでくれてありがとう!

2018年8月6日(月)放送の「激レアさんを連れてきた。」に文化人類学者の鈴木裕之さんが登場😲!

鈴木裕之さんは、「コートジボワールの超国民的アイドルと極秘で付き合って7年間誰にもバレず、結婚までいけた人」という経歴の持ち主です。

一体どんな人なんでしょう!?

気になりますよね?調べて見ました\\٩( ‘ω’ )و //

スポンサーリンク

鈴木裕之さんの経歴

鈴木裕之さんは国士舘大学の文化人類学教授です。専門はアフリカ音楽。

1965年生まれで出身は山梨県。年齢は53歳ですね。

慶應義塾大学の大学院社会学研究科修了しています。高学歴です!

妻はアフリカの歌姫ニャマ・カンテさん。お子さんもいらっしゃいます。詳しくは後述!

鈴木裕之さんアフリカとの出会い

鈴木裕之さんは18歳の時上京、慶應大学法学部政治学科へ入学します。

でも授業を面白いとも思えず、お金を貯めては貧乏旅行をしていました。

あるとき、旅行中にA型肝炎を患ってしまいます。

なのに「インドへ行きたい」と医者に相談→医者「どうしても行きたいなら先進国ね」→パリに向かいます。

パリでアフリカの音楽家たちを追っているフォトジャーナリストに出会い、同行したコンサートでパパ・ウェンバなどアフリカの音楽家と知り合いになり、彼らのアフリカ興味を持ちます。

やっぱり「アフリカ行きたい」となった鈴木裕之さん、どうやってタダで行くかを考えます。

大学の教授に相談したところ、「文化人類学者になれば、アフリカに行けるんじゃない?」と教えてくれました。

そこは高学歴の鈴木裕之さん。大学院では、社会学研究科へ進学し文化人類学を学びます。その後、フランス語も理解できるようになります。

外務省の専門調査員を経て、野間アジア・アフリカ奨学金を利用し、同じフランス語圏のコートジボワール共和国へ。

そこでニャマ・カンテさんと出会います❤️

スポンサーリンク

妻のニャマ・カンテさんについて

ニャマ・カンテさんは西アフリカに広く居住するマンデ民族です。

マンデにはグリオと呼ばれる伝統的語り部が存在し、彼女はその家系の娘さんでした。

ニャマ・カンテさんはダンサーとして伝統的祭礼で活躍し、当時のコートジボワール・アビジャンのマンデ社会では人気・実力ナンバーワンでした!

鈴木裕之さんとの出会いは友人の結婚式

そこで踊るニャマ・カンテさんと知りあい、鈴木裕之さんと交際が始まりました。

しかし実力のあったニャマ・カンテさんは、歌って踊れる3人組アイドルグループ「レ・ゴー」のメンバーになり、アフリカ諸国、ヨーロッパ、アメリカ、カナダなど世界を股にかけた活躍をします!

ここでアフリカのアイドルと言われるわけですね( ̄∇ ̄)

国民的なスターになるも、鈴木裕之さんとの結婚を機に日本に移住。

なんと鈴木裕之さんは、ニャマさんと結婚するため、イスラム教に改宗します。

私もびっくりしたのですが、ニャマ・カンテさんのマンデ民族はイスラム教。

浄土真宗だった鈴木裕之さん、頑張りました(笑)

ニャマ・カンテさんは日本でも大活躍中!

お子さんが一人います


娘のサラちゃんと愛犬のクッキーです!

サラちゃんも歌とダンスに興味があり、母ニャマさんと一緒にステージ立っています。

将来有望ですね!

鈴木裕之さんは本も出版している

レビューこそ少ないものの、高評価でした。

読み物として面白く、アフリカ音楽に興味ある人にはオススメです。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます!

鈴木裕之さんまとめ

  • 鈴木裕之さんは国士舘大学の文化人類学教授で現在53歳
  • パリでアフリカ文化に興味を持つ
  • 妻ニャマ・カンテさんとはコートジボワールの友人の結婚式で出会う
  • 妻ニャマ・カンテさんはアフリカの国民的スター!結婚を機に日本へ移住
  • 娘サラちゃんも歌とダンスが得意。母ニャマさんとステージに立っている
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトの管理人、trendya(トレンディア)よ。 世の中のエモい出来事や世界に自慢できる芸能人、キャッチーなニュースなどの時事ネタをどんどんお知らせしていくわ。 これからもお楽しみにね。 また来てくださるとうれしいわ!