白汚零(地下水道マニア)のプロフィールや本名は?写真集はある?

trendya(トレンディア)
ハロー!trendya(トレンディア)よ。ブログを読んでくれてありがとう!

明後日の5月15日(火)20時放送の「マツコの知らない世界」は2時間スペシャルです!📺

trendya(トレンディア)
え?下水道が美しいって?そんなバカなΣ(゚д゚lll)
美しい要素ってあるの?

だって汚水流れているんですよ。めっちゃアンダーグラウンドじゃないですか。

しかし!!

trendya(トレンディア)
これは・・・美しいかもしれない。

確かに表紙の下水道は個人的に美しさを感じます。

この写真を撮ったのは、マツコの知らない世界の2時間スペシャルのゲストで出演する、世界唯一の下水道マニア写真家「白汚零(しらお れい)」さんです。

どんな人か気になるので、調べてみました!

スポンサーリンク

地下水道マニア!白汚零のプロフィール

※右の方が白汚零さん。

白汚零さんは日本の写真家。下水道や鍾乳洞、水道管や沖縄の亀甲墓がメイン。

【白汚零プロフィール】
1989年 東京写真専門学校卒業
1989年 スクール オブ ビジュアルアーツ(ニューヨーク)に全学費奨学生として入学
1989年 BFA芸術学士号取得
1991年 ヘリオギャラリー(ニューヨーク)主催 国際写真コンペティション最優秀賞受賞(受賞作品:The Self Pollute-rait)
1992年 帰国後、専門学校非常勤講師をへてフリーランスカメラマンとなる
1999年 富士フォトサロン新人賞受賞(受賞作品:胎内都市)
2000年 毎日新聞社主催上野彦馬賞日本写真芸術学会奨励賞受賞(受賞作品:窟にて)
2010年 写真集「地下水道~Undercurrent~」草思社より刊行
2011年 さがみはら写真新人奨励賞受賞(受賞対象:写真集「地下水道」)

引用:with news

1989年に東京写真専門学校卒業(東京ビジュアルアーツの旧称)卒業されている、ということは現在の年齢は49歳ですね。

アメリカでBFA芸術学士号(Bachelor of Fine Artsで、芸術系の学位のこと)をとってるんですね。

しかも国際写真コンペティションで最優秀賞受賞を受賞している、あまり有名ではないけど日本を代表する写真家なんですね〜。

1999年の富士フォトサロン新人賞受賞した「胎内都市」や、上野彦馬賞日本写真芸術学会奨励賞受賞(名前長いな!)受賞した「窟にて」は、ご本人のポートフォリオから見ることができます。

写真家、白汚零さんの公式Webサイトはこちら!

TOPのPORTFOLIO(ポートフォリオ)をクリックすれば見ることができます。

※閲覧注意※
ポートフォリオにはヌード画像が含まれていますので、苦手な方はご注意ください。

なぜ地下水道を撮るようになったの?

「上京してきた18歳の頃、当時住んでいた東京都板橋区のアパートの近くで、下水道の浚渫(しゅんせつ)工事に出くわしました。その中をどうしても見たい衝動に駆られて、現場監督に頼み込んで管内を体験させて頂きました。それが私と下水道との最初の出会いです。
 下水道は、都市のインフラとして大変重要な役割を担っています。マンホールの蓋一枚を隔てたその下には、様々な世界が広がっています。私が惹かれたのは、その無機質な穴、そこを流れる汚水です。水は時には静かに流れ、時には轟音を発し、所々で合流し、しぶきを上げる・・・。下水管はその水を飲み込む、巨大な生命体のようです」

引用:with news

18歳の時に地下水道と運命の出会いをしちゃったんですね。

東京写真専門学校卒業したのも、地下水道を撮るためでしょうか。

本名は公表してる?

白汚零という名前は芸名です。

お名前に“汚”が入っているのは、地下水道が由来なのでしょうか?

本名を気になり調べた所、公表していないため不明でした。

スポンサーリンク

写真集は出版してるの?

「地下水道 undercurrent」という写真集を2010年に出しています!

白汚零さんが出している書籍はこれ1冊となります。

しかしレビューがいいですね!5件のカスタマーレビューが書かれていますがどれも高評価のものでした。星も5と4のみ。

いきなり写真集は・・・というかたは、白汚零さんの公式Webサイトにあるポートフォリオを見てくださいね。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます!

地下水道マニア・白汚零さんまとめ

  • 数々の賞を受賞している、日本を代表する写真家
  • 年齢は49歳
  • 白汚零は芸名で、本名は公表していない
  • 地下水道との出会いは18歳の時
  • 写真集は「地下水道 undercurrent」1冊のみ
スポンサーリンク