★ 最新記事をチェック ★

宮城まり子さんの死因や現在は?世界昔話や吉行淳之介との結婚は?

宮城まり子
トレンディア
Hello!トレンディアよ。ブログを読んでくれてありがとう!

本日は訃報です。

女優で、肢体不自由児の養護施設「ねむの木学園」を設立した宮城まり子さんが亡くなりました。

波乱万丈の人生だったかと思います。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

宮城まり子さんのプロフィール

宮城まり子(本名:本目眞理子)さんは日本の歌手・女優・映画監督・福祉事業家。

1927年3月21日生まれの没93歳。東京都名誉都民でもあるわ。

東京都出身で1955年に「ガード下の靴みがき」で歌手デビューしたの。

その後は日本初のカラー長編アニメ映画『白蛇伝』で声優をやったり、紅白には計8回も出てる‼️

有名な「てのひらを太陽に」も宮城まり子さんよ。

歌手として一世を風靡した方だから誰もが一度聞いたことがあるわね。

ねむの木学園設立のきっかけ

脳性まひの子の役を演じたことがきっかけで、障害児教育への関心持ったの。

1968年に私財を投じて「ねむの木学園」を静岡県浜岡町(現御前崎市)に開いたわ。

1974年、障害のある子どもたちとの日々を描いた記録映画「ねむの木の詩」を製作・監督して反響を呼んだ。

ねむの木学園は静岡県掛川市上垂木で現在も運営しているわ。

宮城まり子さんの死因や現在は?

死因は現在のところ、公表されていないわ。

でもご自宅の住所が公開されているから、これから告別式やお別れ会が開かれると思う。

自宅は東京都世田谷区上野毛3の22の5。

スポンサーリンク

宮城まり子さんは世界昔話を歌ってた!

『まんが世界昔ばなし』には欠かせない人物でした!

オープニングテーマの「ウバ・ウバ・ウキャキャ」も、「私を誘うのは誰(私を呼ぶのは誰)」も、「ママ! ひみつだよ」も歌ったのは宮城まり子さん。

エンディングテーマの「夢をみたの」、「めもわーる」、「天使がとおる」も宮城まり子さんが歌っているわ。

世代には刺さるのではないかしら。

ちなみに「私を誘うのは誰(私を呼ぶのは誰)」と「めもわーる」世界のすぎやまこういちさんが作曲よ。

吉行淳之介との結婚は?

1994年7月に死去した作家の吉行淳之介氏とは、伴侶として約40年間を過ごしているわ。

1999年には園内に吉行淳之介文学館も開設したほど。

故・吉行淳之介さんとは40年連れ添って結婚しなくてよかったの?と思ったけど、吉行淳之介さんの奥さんが終生離婚しなかったためだったわ。しかも奥さんとの間に娘さんも1人いる。

吉行淳之介さんは超絶モテまくっていて、愛人も何人かいたわ!

そんな人と40年も伴侶。愛を超えた強い絆があったのかしら。

trendya(トレンディア)
宮城まり子さん!素敵な歌と不自由な子供たちの学校をありがとう!ここまで読んでくれてありがとう✨
スポンサーリンク

ようこそ時事トレンディへ☆