ヘンプヒル恵の経歴!父や陸上の走り幅跳び・やり投げの記録は?

ヘンプヒル恵
trendya(トレンディア)
ハロー!trendya(トレンディア)よ。ブログを読んでくれてありがとう!

アジア大会2018が始まります🏃‍♂️!

今回の記事では、陸上のヘンプヒル恵(ヘンプヒル メグ)選手についてです\\٩( ‘ω’ )و //

SPONSORED LINK

ヘンプヒル恵選手の経歴

ヘンプヒル恵選手は、日本の陸上競技選手です。種目は七種競技ですが短距離走などにも出場します。

1996年5月23日生まれの22歳。出身は京都府京田辺市です。

身長は167cm、体重57kg。写真を拝見すると小柄な方かと思いきや、結構身長ありました。

ヘンプヒル恵選手はずっと京都で育ち、京都文教中学校で陸上競技に出会います。

現在は中央大学に在学中。

ご家族はご両親と妹、弟がいます。

好きな食べ物はモンブラン🌰

好きな色はピンク💗

ヘンプヒル恵選手のご両親について

名前の通りハーフです。父がアメリカ人で、母が日本人です。

アメリカ人の父スコットさんと母千恵さんはアメリカで出会い、海を挟んで交際していました。

1995年の阪神大震災を機に父が来日を決心し結婚となったのだそう。

ヘンプヒル恵選手は彼氏いる?

ご本人のTwitterをチェックしましたが、そのような情報はありませんでした。

真摯に陸上に取り組む姿が見て取れました!

SPONSORED LINK

ヘンプヒル恵選手の陸上の記録は?

ヘンプヒル恵選手は若干22歳ながら、陸上成績がすごい!しっかりまとめましたよ〜!

中学3年生のとき、2011年全国中学大会の四種競技で優勝!2984得点を記録しました。

陸上の四種競技とは?

四種競技とは、合計四種の競技を行い、その記録を得点に換算し、合計得点で競う陸上競技のこと。
中学生女子の場合は、100mハードル・走高跳・砲丸投・200m

2013年の全国高校総体(インターハイ)七種競技では、ヘンプヒル恵選手は高校2年生で優勝!5143点でした✌️

2014年の高校3年生時のインターハイは高校記録を大幅に上回る5519点を記録!日本ジュニア新記録で2連覇しました✌️✨

2015年日本ジュニア室内陸上競技大阪大会女子の60mハードルにて8秒58のタイムで優勝!

ここまでが中学〜高校の成績です。高校卒業後は中央大学に進学し、大学でも油臭な成績を残しています。

2016年第100回日本陸上競技選手権大会七種競技では、日本歴代2位となる5882点で2連覇を達成。

そしてきっとヘンプヒル恵選手が今までで最も大きな大会。

2017年7月の第22回アジア陸上競技選手権大会七種競技にて、5883点で2位に入賞しています!

ヘンプヒル恵選手の怪我が心配

実はヘンプヒル恵選手。去年の8月10日にハードルの練習で故障してしまいます💦

左ヒザの前十字靭帯断裂、内側半月板損傷で、かなり重症です😢

手術もリハビリも終わり、今年4月に行われた「TOKYO Combined Events Meet 2018」で復帰。

結果3位でした。

順調に回復しているようで安心です。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます!

ヘンプヒル恵選手まとめ

  • ヘンプヒル恵選手は京都出身の22歳。好きな食べ物はモンブラン🌰
  • 父がアメリカ人、母が日本人。結婚のきっかけは1995年の阪神大震災
  • 彼氏はいない
  • 中学・高校でインターハイ2連覇、昨年のアジア大会では2位
  • 去年の8月に故障。手術とリハビリも終わり復帰している
SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトの管理人、trendya(トレンディア)よ。 世の中のエモい出来事や世界に自慢できる芸能人、キャッチーなニュースなどの時事ネタをどんどんお知らせしていくわ。 これからもお楽しみにね。 また来てくださるとうれしいわ!