台風13号はサンサン!なぜパンダみたいな名前か気になる!

trendya(トレンディア)
ハロー!trendya(トレンディア)よ。ブログを読んでくれてありがとう!

本日、台風13号が発生しました🌪!

正確には、2018年8月3日午前9時、日本の南東の南鳥島の近海で熱帯低気圧→台風13号になりました。

そして名前は『サンサン』!

お日さま☀️?パンダ🐼?

なぜこんな平和そうな名前なんだ・・・気になるので調べてみました!

スポンサーリンク

名付けの経緯

台風はもともと記号つくじゃないですか。今回だと台風13号ですね。

気象庁では毎年1月1日以後に、発生した台風を第1号として、台風の発生順に番号をつけています。

なので今回の台風13号は今年で13回目の台風です。

名前は元々、アメリカがつけていました。

しかし、北西太平洋または南シナ海で発生する台風に関しては、各国の政府間組織である台風委員会(日本含む14カ国等が加盟)が、固有の名前名前を付けることになっています。

なぜ名前をつけることになったのか?というと・・・

台風は年間で平均26回発生するため、情報が混乱するというのが理由ですね。

ちなみに台風加盟国はこちら↓

台風委員会加盟国は?

カンボジア、中国、北朝鮮、香港、日本、ラオス、マカオ、マレーシア、ミクロネシア、フィリピン、韓国、タイ、米国、ベトナム

スポンサーリンク

サンサンはパンダではなく、少女の名前!

そして!今回の台風13号はサンサンです!

命名したのは香港。サンサンの意味は少女の名前です。

パンダじゃなかった🐼(ちょっと残念・・・)

香港は他にも、こんな名前をつけています。

  • カイタク(Kai-tak)啓徳(旧空港名)
  • マンニィ(Man-yi)海峡(現在は貯水池)の名前
  • レンレン(Lingling)少女の名前
  • フォンウォン(Fung-wong)山の名前(フェニックス)
  • ドルフィン(Dolphin)白いるか。香港を代表する動物の一つ。
  • チョーイワン(Choi-wan)彩
  • ライオンロック(Lionrock)山の名前
  • マーゴン(Ma-on)山の名前(馬の鞍)
  • バンヤン(Banyan)木の名前

土地や自然などの名前が多いですね。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます!

台風13号の名前はなぜサンサン?

  • 名前は元々アメリカがつけていた
  • 北西太平洋・南シナ海で発生する台風は、各国の台風委員会が名付ける
  • 台風委員会は14カ国が加盟
  • サンサンは少女の名前で、命名は香港
  • 香港は土地・地名などの名前が多い
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトの管理人、trendya(トレンディア)よ。 世の中のエモい出来事や世界に自慢できる芸能人、キャッチーなニュースなどの時事ネタをどんどんお知らせしていくわ。 これからもお楽しみにね。 また来てくださるとうれしいわ!