★ 最新記事をチェック ★

福田由香里(海上保安庁ヘリコプターパイロット)の経歴や学歴は?

福田由香里
trendya(トレンディア)
ハロー!trendya(トレンディア)よ。ブログを読んでくれてありがとう!

2019年12月29日(日) 放送分の「情熱大陸」に、海上保安庁のヘリコプターパイロットに初の女性機長が誕生!

海上保安庁の羽田航空基地に勤務する福田由香里さんよ!

男世界の海上保安庁で、初の女性ヘリコプターバイロットがどんな人なのか?

さっそく調べてみたわ\\٩( ‘ω’ )و //

スポンサーリンク

福田由香里さんの経歴

福田由香里さんは日本の公務員。海上保安庁に所属するヘリコプターパイロット。

1982年9月17日生まれの37歳。石川県金沢市出身。

海上保安庁入庁以来、鹿児島、仙台、愛知、新潟、羽田と日本各地で活躍しているわ。

2018年4月から羽田航空基地勤務。

2018年12月に海上保安庁最大のヘリコプター、スーパーピューマ225の機長に就任‼️

パイロットになった理由

「1度の人生なので、関心があったパイロットにチャレンジしようと思った」

元々興味があったのね。

ちなみに福田由香里さんは海上保安庁には3人しかいない女性機長の一人よ。

「チャレンジしようと思った」とサラリと言っているけれども、企業からの内定を蹴って、入庁。

厳しい訓練に同期の多くが脱落する中でつかんだ操縦士の資格よ。

そして東日本大震災の日仙台航空基地で被災。

「避難した宮城分校で救助を待った3日間、救助を待つ人の心細さを痛感した」と語っていたわ・・・。本人も大変だったでしょうに(TT)

本人曰く「100点満点のフライトはない。」

この言葉の重みを感じるわね・・・。

そうそう。彼女がまだ2011年に仙台でヘリコプターの副操縦士だった時のインタビューが残っていたわ。

転勤が多いけど、その中で楽しみも見つけているようね。

私は副操縦員としてヘリコプターに搭乗しています。業務は航空機を使ったあらゆる海上保安業務です。海上のパトロールや船からの吊り上げ救助のほか、密漁取締の一端を担ったり、沿岸にゴミが落ちていないかを調べる環境保全活動を行ったりします。また、訓練も重要な業務です。航空機乗組員は、全国各地への転勤となるので、地方ごとの特色を体験することができます。同じ日本といえども北と南では食文化や言葉が異なっており、それぞれの勤務地でたくさんの発見があります。

引用:海上保安庁 – 目指せ! 海上保安官

スポンサーリンク

スーパーピューマ225とは?

海上保安庁が所有する中で最大のヘリコプター。

最新の電子機器や自動操縦装置を採用し、エンジンパワーを増大させて余裕重量を飛躍的に向上させたスーパーピューマのハイエンドモデル。

高速性能、航続性能、快適性が他機種を圧倒する大型ヘリコプターの最新鋭機。

主な用途は、要人輸送・沿岸警備・救難救助・物資輸送・人員輸送等。

海上保安庁は巡視船搭載用及び航空基地用として5機保有しているわ。

メインカラーがブルーにホワイト、アクセントカラーにレッドが入っている見た目にも美しいヘリね・・・。

ちなみに海上保安庁だけではなく、陸上自衛隊は皇室・首相・国賓などの輸送任務向けに3機保有。東日本大震災の津波で1機だけになったけど、もう1機導入できたわ!

東京消防庁も救助・救急・消火など航空消防用途に3機保有。

福田由香里さんの学歴は?

平成18年に海上保安学校を卒業していらっしゃいます。

ちなみに、海上保安庁の定員は約14,000人でそのうち女性職員は約1,000人。

まだまだ多いとは言えないわ。

trendya(トレンディア)
体力勝負なイメージもあるけど、女性の門戸も開かれているわ!
ここまで読んでくれてありがとう!
スポンサーリンク