★ 新型コロナウイルス関連の記事一覧よ ★

大木洵人の経歴!どんなサービスの開発?戦場カメラマンが夢?

大木洵人
trendya(トレンディア)
ハロー!trendya(トレンディア)よ。ブログを読んでくれてありがとう!

2019年12月11日(水)よる7時から放送のテレビ朝日「あいつ今何してる?」に超奇才登場!

大木洵人さんという、社会問題を解決するかもしれない超画期的サービスの開発者兼創業者よ!

中曽根康弘元総理大臣もいた群馬の超名門・高崎高校で、高校生にして「夢は戦場カメラマン」と宣言!

大学生で紅白歌合戦に出演していたみたいよ!

一体どんな人なのか調べてみたわ\?( ‘ω’ )? //

▼この方も出演するわ!

森山翔文

森山翔文の研究とは?国際数学オリンピックで銅メダルて何?

スポンサーリンク

大木洵人さんの経歴


大木洵人さんは、シュアールグループ創業者であり代表、手話通訳士です。

1987年群馬県生まれの32歳。

聴覚障がい者と聴者の本当の意味での対等な世の中を作れないか」と考え、2008年にシュアール(ShuR)を大学2年生で創業しているわ。

「手話ビジネス」を実現するべく、遠隔手話通訳や手話キーボードなど、手話のIT事業を多数展開しているの。

スローガンはTech for the Deaf(聴覚障害者向け技術)。

慶應義塾大学環境情報学部を卒業していて、東京大学大学院情報学環教育部修了。

スポールブール元日本代表でもあるわ。

そのほか社会起業塾修了し、群馬県人会連合会理事。

群馬県や神奈川県の審議委員などを歴任しているわ。

▼主な受賞歴

  • アショカ・フェロー(東アジア地区初)
  • Forbes 30Under30 World 2013 / Asia 2016
  • ロレックス賞ヤングローリエイト
  • 世界経済フォーラムGSCメンバー
  • TEDxTokyo2012スピーカー
  • グッドデザイン賞2010

趣味はマラソンと囲碁でアマチュア二段よ。

ご結婚はまだみたい❤️

スポンサーリンク

どんなサービスの開発?

前述の通り、「手話ビジネス」を展開していて、遠隔手話通訳や手話キーボードなど、手話のIT事業を展開しているの。

それが大木洵人さんが創業した株式会社ShuR(シュアール)。

▼主な事業内容

    • モバイルサイン(遠隔手話通訳) – タブレット端末やパソコン、スマートフォンを利用し、遠隔地からテレビ電話にて行う手話通訳サービス。
    • 対面型通訳 – 駅や役所の窓口、商業施設などに設置し、聴覚障がい者のお客様向けに、接客サービスに対応する遠隔手話通訳。
    • コールセンター型通訳 – 電話での申し込みや問い合わせが出来ない聴覚障がい者のお客様向けに、企業様の代わりに、手話でのお問い合わせ窓口を開設。
    • 電話リレー(日本財団様受託事業) – 聴覚障がい者の方から手話や文字で要件を伺い、代わりに電話をかけるサービス。
    • SLinto(スリントキーボード・スリント手話辞典) – 手話のキーボードを使ったユーザー参加型のオンライン手話辞典。手話のWikipedia。

これは・・・聴覚障がい者の雇用に繋がるし、健常者との架け橋にもなるサービスだわ・・・!

ShuR(シュアール)のURLを貼っておくから、興味のある方は見てみて!

スポンサーリンク

高校生で夢が戦場カメラマン?

本当に目指していた!Σ(・□・;)

大学生で紅白歌合戦に出演したっていうのは、2007年の紅白歌合戦ね。

ここまでお読みいただきありがとうございます!

スポンサーリンク

ようこそ時事トレンディへ☆

error: Content is protected !!