★ 新型コロナウイルス関連の記事一覧よ ★

大村智の経歴と業績と妻!コロナにノーベル賞イベルメクチン効く?

大村智
トレンディア
Hello!トレンディアよ。ブログを読んでくれてありがとう💕

安倍総理が緊急事態宣言を出したわね。

今って新型コロナウイルスが猛虎を奮い、消費が激減。観光業なんか大打撃を受けているわ。

まさに真っ暗なトンネルに潜ってる状態よ😷

でも日本のノーベル賞受賞科学者の薬が、コロナをやっつけるかもしれないわ💖

スポンサーリンク

日本製の薬「イベルメクチン」に効果あり!

オーストラリアのモナッシュ大学生医学発見研究所が、寄生虫感染症の治療薬「イベルメクチン」が新型コロナウイルスの抑制に効果があったと発表したの‼️

カイリー・ワーグスタフ博士が、1回量のイベルメクチンで新型コロナウイルスの複製を48時間以内に死滅させるとの実験結果を発表🙌

「イベルメクチン」は2015年にノーベル医学生理学賞を受賞した、大村智氏の寄生虫による感染症治療薬。

微生物の研究からアフリカの寄生虫病の特効薬開発を導いた功績でノーベル医学生理学賞受賞よ。

日本の静岡県で採取した土壌から発見した「放線菌」と呼ばれる新種の細菌で開発したの。

イベルメクチンは年間3億人の治療に使われるわ。オーストラリアなどですでに30年以上使われてる。

モナッシュ大学では、今後も「イベルメクチン」の臨床試験を行い、できるだけ早期に新型コロナウイルスの治療薬として応用したいと言ってくれている。

スポンサーリンク

大村智氏の経歴と業績は?

大村 智(おおむら さとし)は、日本の化学者(天然物化学)。北里大学特別栄誉教授で2015年ノーベル生理学・医学賞受賞。

1935年(昭和10年)7月12日生まれの御歳84歳。

山梨県北巨摩郡神山村(現:韮崎市)出身。

大村智氏は微生物の生産する有用な天然有機化合物の探索研究を45年以上行い、これまでに480種を超える新規化合物を発見し、それらにより感染症などの予防・撲滅、創薬、生命現象の解明に貢献しているわ。

また、化合物の発見や創製、構造解析について新しい方法を提唱、実現し、基礎から応用までの幅広く新しい研究領域を世界に先駆けて開拓している。

瑞宝重光章・紫綬褒章・文化勲章などを受勲している、まさに日本を代表する科学者。

大村智氏は農家の出身

大村さんは山梨・韮崎の農家出身。高校・大学時代はクロスカントリー・スキーで国体に出るほどの腕前!

山梨大を出て東京・墨田工業高校定時制の教師になったけど、仕事を終えてから登校し、油だらけの手のまま勉強する生徒たちの姿に、「もっと勉強しなきゃ」と東京理科大大学院に進み、のちに北里大で研究者の道に入っわ。

大村智氏のイベルメクチンとは

大村智氏はアフリカや中南米など熱帯地方の寄生虫病「河川盲目症(オンコセルカ症)」の駆除薬「イベルメクチン」をキャンベルさんと開発したの。

1974年に静岡県伊東市のゴルフ場近くの土から見つけた細菌を共同研究をしていた製薬会社メルクに送り、米ドリュー大のキャンベルさんが効果を確認してイベルメクチンを開発した。失明を防ぐ効果から3億人を救ったとされるわ。

大村智氏は美術も好き

研究以外では、14年間にわたり女子美術大学理事長を務めているわ。2015年7月から同大学名誉理事長になってる。

奥さんの文子の名を冠した「大村文子基金」を私費で設立し、女子美生の留学資金(女子美パリ賞・ミラノ賞)と美術活動費(美術奨励賞)を支援しているわ。

美術作品も熱心に集めてる。

特に女性作家の作品収集に積極的で、2007年に私費5億円を投じて故郷の山梨県韮崎市に韮崎大村美術館を建設!

し1800点を超える蒐集作品と共に韮崎市に寄贈し初代館長を務め、山梨県の科学技術の振興を目指して(社)山梨科学アカデミーを創設し、現在名誉会長を務めているわ。

大村智氏の妻は?

大村智氏の偉大な功績は、奥さんの文子さんの協力が必要不可欠だったわ。

大村智氏36歳のときにアメリカに留学したが和食でないとだめで、妻の文子さんが毎日弁当を届けていたわ。愛よね💞

しかし文子さんは16年前に他界。

ノーベル賞受賞会見で「残念だねえ」といったのも、文子さんに伝えられない無念の思いがあったそうよ。

trendya(トレンディア)
ここまで読んでくれてありがとう✨
スポンサーリンク

ようこそ時事トレンディへ☆

error: Content is protected !!